<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

我が子&私

今日は我が子の『ミィーちゃん』の出会いを書きたいと思います。

とっても大事な思い出です。

最後まで読んで頂けたら幸いです。

私が高校3年生の梅雨の時期にミィーちゃんと運命の出会いをしました…

丁度、その日は毎日歩いている道とは違う道を歩いていました。

『もう少しで家だ!』と思って居た、その時です…

『ニャー』と聞こえたのです。
私は周りを見渡しました。
しかし…猫の姿はありませんでした。
気の性かな?
と、思いながら歩き始め様としたら、その鳴き声は、また聞こえたんです。
『いや!気の性ではない!』と思い草っ葉辺りをまた見渡しました。
そしたら、小さな小さなミィーちゃんが居たんです。
雨に濡れ、体はガリガリでした。

私は連れて帰りました。
母に怒られる覚悟をして…

家に着き、親に事情を話し説得しました。
そしたら、飼っても良いと言ってくれたのです。
ココまでがミィーちゃんとの出会いです。

私は思ったんです。
この世の中は、腐って居ると…
人間のやりたい放題だと…
犬も猫も命があります。
何故、引き取りが居ないからと殺さなきゃいけないんでしょうか?
人間は勝手です!
犬、猫が何かしたんですか?
命の大切さを少しでも多くの人に知って欲しい…
そう、私は思うんです。

私達、人間が犬、猫等に出来る事をしてあげたい。そんな人間になりたいです。


アニマル隊

| 家族からのメッセージ | 23時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント:

http://miikyaralove.blog.fc2.com/tb.php/39-07b2fad7

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。